乳酸菌とは?もっと知りたい菌活のこと

「菌活といえば乳酸菌」「乳酸菌は腸内フローラに大切」といったことは何となくわかっていても、「そもそも乳酸菌とはどんなもの?」となると、意外とよくわからないことも多いのではないでしょうか。

ここでは、乳酸菌とはどのようなもので、菌活でなぜ乳酸菌が必要なのかといった基本知識について紹介しています。

乳酸菌についての理解を深めて、菌活ライフを高める際の参考にしてみてくださいね。

そもそも乳酸菌とは?

はじめに、乳酸菌とは何なのか、その働きなどについて見ていきましょう。

乳酸を作る菌の総称

乳酸菌とは、文字通り「乳酸を作る最近」のことです。

炭水化物や砂糖などの糖質から乳酸を作り出す働きがあり、自然界にもともと存在しています。

人や動物の腸内にあるほか、植物の表面などにも付いている乳酸菌。

「乳酸菌」といえばヨーグルトをイメージしがちですが、キムチやぬか漬けといった食物にも、乳酸菌は含まれているのです。

体内では腸内環境を整え、発酵食品を作る元にも

乳酸菌が作る乳酸は、人の腸内を酸性に傾けることで悪玉菌のはたらきを抑えたり、腐敗を防いで免疫能力を高めたりする効果が期待できます。

また、植物の表面に付いている乳酸菌は、お漬物やといった発酵食品を作る際に活躍します。

発酵は乳酸菌によって作られた乳酸により、食物の香りや味などが変化すること。

乳酸で酸性に保たれることで、腐敗を防ぎ、独特のコクや酸味といった味わいが楽しめるようになるのです。

乳酸菌とビフィズス菌は違うの?

乳酸菌にはコッカス菌、ラクトバチルス菌などさまざまな種類があり、ビフィズス菌も乳酸菌に分類されることがあります。

ビフィズス菌も乳酸菌と同様に、糖から乳酸を作ることができますが、酢酸も作ることができる善玉菌のひとつです。

厳密には乳酸菌とビフィズス菌はことなりますが、人の腸内では乳酸菌よりもビフィズス菌の数のほうが多く、悪玉菌と善玉菌のバランスに大きく関わっています。

そのため、菌活では乳酸菌と同様に積極的に摂取したい菌とされているのです。

このように、乳酸菌は人の腸内や植物にも自然に存在していますが、住みやすい環境でなければ活動が鈍くなったり、数が減ったりしてしまいます。

人の腸内にある乳酸菌やビフィズス菌も、数が減ることで悪玉菌が増えてしまう原因となり、お通じの不調のほか、体調不良にも影響を及ぼすことがあるのです。

腸内に乳酸菌が不足すると、どのような症状が出るのでしょうか。

腸内に乳酸菌が足りないとどうなる?

菌活では、腸内の乳酸菌やビフィズス菌の数を増やすことを目的に行われます。

腸内に乳酸菌が不足すると、以下のようなトラブルが起こる可能性があるでしょう。

便秘や下痢などお通じのトラブル

乳酸菌や善玉菌が腸内で不足すると腸内がアルカリ性に傾き、悪玉菌が増えてきます。

悪玉菌が増えると腸内で腐敗が進み、有害な物質も増えてくるため、便秘や下痢といったお通じのトラブルが起こりやすくなるでしょう。

強力なデトックスである健康的なお通じがかなわないと、お腹の調子が悪いと感じるだけでなく、以下のようなさまざまなトラブルにも繋がってしまいます。

吹き出物・肌荒れなどお肌のトラブル

体の不調が肌に現れやすい人は、腸内環境が悪くなると肌荒れや吹き出物といった症状が出ることがあります。

下痢によって体内の水分が失われれば、肌のうるおいも少なくなるでしょう。

老廃物や有害な物質が体内に溜まっていれば、吹き出物の原因になる場合もあります。

肌に重要なビタミンなどの栄養吸収も腸内で行われるため、菌活で乳酸菌を取り入れることは、美肌を保つうえでも重要であるといえるでしょう。

免疫力の低下によるトラブル

腸内は人の体の中でもっとも重要な免疫器官といわれており、免疫機能のおよそ70%を腸が担っているとされています。

腸内環境の悪化は、免疫力の低下も引き起こしやすく、風邪をひきやすくなったり、ウイルスを撃退する力が弱まったりする可能性も高まるでしょう。

花粉症やアレルギーなどの症状が悪化するケースもあるため、体調を崩しやすい人は積極的に菌活することをおすすめします。

このほかにも、腸内環境は肥満や生活習慣病、がんといった健康上のリスクと深い関わりがあるといわれています。

何となく体調がすぐれないと感じる、または上記で挙げたようなトラブルに心当たりがある場合には、腸内の乳酸菌や善玉菌が不足しているのかもしれません。

まとめ

乳酸菌とは、糖から乳酸を作る働きを持つ細菌の総称で、人の腸内にあるほか、自然界にも存在しています。

乳酸菌には発酵食品を作ったり、腸内環境を整えたりする働きがあり、善玉菌であるビフィズス菌と並び、菌活では積極的に取り入れることが重要です。

腸内環境が悪化すると、お通じやお肌のトラブルのほか、免疫力の低下や体調不良の原因ともなりやすいもの。

乳酸菌の働きを理解して、菌活で体の内側からキレイになりたいものですね。