菌活にはヨーグルトがいいって本当?菌活に欠かせない乳酸菌の秘密

近年、腸内環境を整えて美容や健康を目指す「菌活」が注目されています。

菌活は、積極的に身体に良い働きをする菌を取り入れることで腸内環境を整えることを指します。

菌が含まれている食品は多いですが、中でも注目されているのがヨーグルトです。

この記事では、ヨーグルトが菌活におすすめの理由や効果的なヨーグルトの食べ方などをご紹介します。

ヨーグルトは菌の宝庫

菌活は、食品から積極的に身体に良い菌を取り入れる活動です。

中でも注目されているのがヨーグルトです。

ヨーグルトには、乳酸菌が豊富に含まれています。

またヨーグルトによってはさまざまな菌が含まれており、自分の身体に合ったものを選べるのも特徴です。

たとえばビフィズス菌、ガセリ菌SP株、LG21乳酸菌、プラズマ乳酸菌などが挙げられます。

さらにヨーグルトは、スーパーやコンビニなど、身近な場所で購入できるのもメリットです。

菌活にヨーグルトがおすすめの理由

ヨーグルトに含まれているさまざまな菌は、腸内の菌バランスを整えてくれるとされます。

たとえば善玉菌とよばれる乳酸菌が腸の中で増殖すると、悪玉菌を減らして腸を健康な状態に近づけてくれます。

また善玉菌が増えると、消化吸収を助け、病気に対する抵抗力を高めるなど有用な働きをしてくれる特徴があります。

腸内細菌のバランスが乱れると、腸内に腐敗物質が多く産生されます。

そのためぜん動運動が鈍くなり、便利になりやすくなります。

また血管を経由して全身をめぐることで、肌トラブルが発生しやすくなるとされています。

だからこそヨーグルトなどから菌を日常的に摂り入れて腸内環境を良くすることが、便秘解消や肌質改善などにつながるのです。

おすすめのヨーグルトの食べ方

ヨーグルトは種類が豊富で、手軽に購入できるのが魅力です。

菌活は毎日継続して行うことが大切なため、習慣として取り入れやすいヨーグルトから始めるのがおすすめです。

一番手軽な方法は、朝と晩にヨーグルトを取り入れる方法です。

摂取量は1日約200グラムが理想とされています。

固形タイプを食べるのがつらいという方は、ドリンクタイプなどを取り入れるのがおすすめです。

ダイエット中の方など脂肪分が気になる方は、低脂肪の商品を選びましょう。

ヨーグルトを使った菌活おすすめレシピ3選

毎日手軽に摂取できるヨーグルトですが、毎日だと飽きてしまうこともあります。

そこでここではヨーグルトを使った菌活おすすめレシピをご紹介します。

リンゴとハチミツのホットヨーグルト

【材料(2人分)】

・リンゴ…1/2個

・プレーンヨーグルト…200グラム

・ハチミツ…大さじ2

・牛乳…大さじ3

【作り方】

1.リンゴは皮をむいてすりおろします。

2.鍋にヨーグルトと牛乳を入れ、中火で沸騰直前まで温めます。

3.リンゴとハチミツを加えてよく混ぜます。

4.器に盛り付け、好みでシナモンなどを振りかけて完成です。

ヨーグルトは善玉菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖を含む食べ物と一緒に摂るとさらに効果的とされています。

リンゴには食物繊維が豊富に含まれているため、相性抜群です。

また温かいので冷え性の方にもおすすめです。

鶏肉の野菜巻きとヨーグルトソース

【材料(2人分)】

・鶏むね肉…1枚分

・ニンジン…1/2本

・ゴボウ…1/2本

・タマネギ…1/2個

・水…大さじ3

・オリーブオイル…大さじ3

・キノコ(お好みで)…100グラム

ソース用

・ヨーグルト…150グラム

・味噌…大さじ1

・粉末だし…大さじ1/2

・塩…少々

【作り方】

1.ニンジンとゴボウを鶏むね肉の幅に合わせて細長く切ります。それをお湯で柔らかくなるまで煮ます。

2.鶏むね肉に包丁を入れて開きます。そこに塩を振り、下味をつけます。

3.下味をつけた鶏むね肉で1の野菜を巻きます。タコ糸でしばって固定したら、ラップで包み常温で20分ほど置きましょう。

4.フライパンにオリーブオイルを入れて熱したら、鶏肉を皮面から焼きます。皮がこんがりしてきたら水を少し入れて蓋をします。そのまま中火で約8分蒸し焼きにしましょう。

火が通ったらフライパンから取り出し、冷ましておきます。

5.肉を焼いたフライパンに食べやすい大きさに切ったキノコとタマネギを加えます。これに塩、ヨーグルト、味噌、粉末だしを加えて、煮立ったら火を止めます。

6.鶏肉を食べやすい大きさに切ったら、5のソースをかけて完成です。

キノコは菌そのもののため、菌活にぴったりの食材です。

また発酵食品である味噌とヨーグルトを加えることで、さらに菌活におすすめの料理に変身します。

カボチャのヨーグルトサラダ

【材料(2人分)】

・カボチャ…300グラム

・キュウリ…1本

・塩コショウ…少々

・プレーンヨーグルト…大さじ1

・マヨネーズ…大さじ2

【作り方】

1.カボチャは皮がついたまま一口大に切ります。切ったカボチャを耐熱ボウルに入れ、レンジで加熱(600W約7分)します。

2.加熱したカボチャを温かい内にフォークなどでつぶします。キュウリは2ミリ程度の輪切りし、約5分放置して水気を切りましょう。

3.カボチャとキュウリを入れたボウルに、塩コショウ、ヨーグルト、マヨネーズを入れてよく混ぜて完成です。

カボチャの甘みとヨーグルトの酸味でさっぱりと食べられるサラダです。お好みでナッツを加えるとアクセントになります。

まとめ

ヨーグルトは手軽に手に入れることができるおすすめ菌活食材です。

ぜひ日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。